救急科ブログ
手稲渓仁会病院 救急科(救命救急センター)

救命救急センターHomeブログ

2017年08月06日

お疲れ様会

こんにちは。小野寺です。

渓仁会の救急科に6月、7月と札幌医科大学付属病院の研修医柘野先生が研修にきてくれていました。テキパキと仕事をしてくれ、患者さんやスタッフからもとても評判のよい先生でした。
さて、そんな柘野先生にはやはり、趣味がありまして。。
彼女実は、ドラムをたたくんです。バンド活動をしているらしく、CDも発売しているんです。
バンド名は「あららら」。
お疲れ様会では、絶賛発売中の「あららら」のCDを聞きながら、食事をしました。
写真はこちら。。
FullSizeRender (1).jpg
とってもよいCDでみんなで購入。もちろんサイン入りです。
柘野先生!!お疲れ様でした!
posted by 渓仁会救急科 at 20:27 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

救急医の休日

こんにちは。小野寺です。
今回は当院のスタッフ紹介を行いたいと思います。

私たち、救急科はシフト制になっているので希望の休みを取ることが可能になっています。
ですので、プライベートも充実させることが可能なのです。

今回は当院の羽岡先生のお話を。

Redbull400という競技をご存知でしょうか。スキーのジャンプ台を下から上まで走って登る”もっとも過酷な400m”というネーミングでRedbullが主催する競技です。日本初開催となったこのRedbull400が、今年の5月、札幌の大倉山ジャンプ競技場でおこなわれました。

優勝者は初の世界大会の日本代表に選ばれる今回のレースに当院の羽岡先生が出場し、なんと4位という好成績を残しました。
Redbullの公式facebookの動画でもばっちり映っています。
動画、画像はこちら。。
7.jpg

というように、時間が作りやすい環境にある救急医はいろいろな趣味(もはや趣味を超越しているかもしれませんが)をもっている先生が多いように感じます。
仕事とプライベートの両立ができる救急科、なかなか魅力的ではないですか?
それでは。


posted by 渓仁会救急科 at 22:56 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

外傷学会

お久しぶりです。小野寺です。

61日−2日に横浜で第31回日本外傷学会が開催され、当科から奈良先生、大西先生と私の三人が参加しました。


私は大量輸血プロトコールについての発表を。ポスター二枚での発表でした。


 IMG_8229.JPG



学会期間中、当院の前救命救急センター長である高橋先生や勤医協中央病院救急センター長の田口先生とご一緒に食事をする機会もありました。いろいろなお話を聞くことができ、楽しく有意義なひと時を過ごしました。


それではまた!

posted by 渓仁会救急科 at 13:01 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする