救急科ブログ
手稲渓仁会病院 救急科(救命救急センター)

救命救急センターHomeブログ

2016年06月26日

抄読会

石田です。


当科では、シフト制の勤務のため、スタッフ全員が揃う機会はほとんどありません。その全員が一堂に会する稀な日が、月に1回開催される、抄読会・スタッフミーティングです。

P6212212.JPG

救急科ローテーション中の研修医も参加し、なかなか盛況です。


抄読会では、担当者2人が「最近読んで気になった論文」を発表します。

今回の担当者は羽岡先生と大西先生でした。


羽岡先生はVojnosanitetski Pregledに掲載された、セルビア(!!)の論文を持ってきました。

えと・・・セルビアって?どこだっけ??

セルビア 地図.jpg

セルビアは地図でピンクの場所です。南東ヨーロッパに位置し、もとはユーゴスラビアに属していた国です。

論文のタイトルは「高齢者におけるベンゾジアゼピン中毒の影響」で、精神科専門医である羽岡先生らしいチョイスであったと思います。内容としては、同じ容量のベンゾジアゼピン系薬剤の内服であっても、高齢者では意識レベル低下が顕著に出やすく、合併症の発生率も高くなるというものでした。

P6212213.JPG

そらそうだよな〜。的な感想を抱く論文でした。

合併症(誤嚥性肺炎など)を予防するために、「フルマゼニルの頻回投与や持続静注を行った」という記載があり、そこは面白いと感じました。世界の色んな国で医学研究はされているのですね。


大西先生は、今年のJAMAに掲載された「小児の胃腸炎に対する、経口補水液vsリンゴジュースの治療成績について」でした。アメリカはトロントの研究で、外来を受診した胃腸炎の小児に対し、経口補水液とリンゴジュース、どちらかで外来フォロー。点滴の必要なく、無事に治療完遂できる率が高いのはどちらかというものでした。研究者としては、「リンゴジュースでも、経口補水液に比べて、そんなに悪くないんじゃないかな〜?」といった考えで、非劣性試験を組んでいますが、結果としては「リンゴジュースの方が経口補水液よりも治療の失敗が少ない」という衝撃的なものでした。乳幼児に対しては、摂取した水分の組成よりも、飲んでくれるかどうかの「美味しさ」が大事なのかもしれません。

P6212214.JPG


日本で発売されている経口補水液の代表格である、OS-1も、今年になって少しパッケージと風味が変わったそうですよ。一度試してみては?

P6222215.JPG

左の角ボトルが旧型。右の丸ボトルが新型です。


当科での研修を検討されている方へ

実際に経験し、得たものは他に代えが利きません。様々な症例に遭遇する、日々の勤務は非常に重要です。しかし、日進月歩の医学の世界。置いて行かれないためには、勉強も欠かせません。勤務だけに翻弄されることなく、自由な時間がとれることが大切だと考えています。当科では頭も体もバランスよくレベルアップ出来る、非情に良い環境だと思いますよ。興味ある方は、是非。


posted by 渓仁会救急科 at 10:55 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

内科学会総会

石田です。

4月に開催された、第113回日本内科学会総会・講演会に参加してきました。

今回は当院からの発表はなく、主にメイン会場で講演の拝聴をしてきました。

P4152124.JPG

場所は、有楽町にある東京国際フォーラムです。

入り組んだガラス張りの建物で、かなり特徴的な外観です。

P4152125.JPG

東京に限らずどこであっても、「北海道から来ました」と言うと、「あらあら、それは遠い所から…来るのはさぞ大変だったでしょう」と決まって返されますが、そんなに大変ではありませんから!!

新千歳空港からは日本各所に飛行機が結んでいるので、地理的不利は感じません。

東京や大阪など、主要航路は本数が多く、事前に予約すればお値段も手頃です。


別の機会には、連休を使って、人生3度目の東京ディズニーリゾートにも行きました〜☆

学会をサボって行ったわけではありませんよ。念のため。

P4262163.JPGP4262171.JPG

インターネット情報では、東京ディズニーリゾートは4月末が一年のうちで最も空いているそうです。実際、待ち時間が少なくてすみました。都合がつく方は、来年どうぞ。






posted by 渓仁会救急科 at 22:43 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

短期研修A

では、続いて佐藤先生です


 P2162091.JPG


手稲渓仁会救急科研修を通じて


島根県立中央病院救命救急科に所属し、医師5年目の佐藤弘樹です。

この度は手稲渓仁会救急科に後期研修の一環として院外研修をお願いし、3か月間の研修をさせて頂くこととなりました。

今回の目的としては

  1. 医療圏や施設が異なる現場において、実践される救急医療がどのように異なるのか

  2. 一つの施設では認識できないこれまで当たり前と思っていたことが、他施設では通用しないことを認識し救急医療のゴールドスタンダードにより近づくことです。

P2162090.JPG


島根県立中央病院救急科はスタッフ8名、後期研修医1名で構成され、構成人数はほぼ同じくらいです。

業務範囲はERopen ICU・救急病棟・手術麻酔・ドクターヘリ・ドクターカーと広く業務を行っておりますが、ICU・手術麻酔以外の業務は手稲渓仁会病院と似ている部分が多いと感じています。

異なる点としては当院救命救急センターERでは1次から3次までを当科と研修医でカバーしており、「何でも全部診る」といった印象の病院です。手稲渓仁会病院の外来は内科、小児科がwalk-inの対応をされている中で、救急科が救急搬送を主とした2次から3次を中心とした部分に集中できる点が良いように感じました。

病棟業務は救急病棟を中心とした救急疾患に特化した症例を診られており、救急科の介入が必要な部分を丁寧に診察されている印象でした。また、島根では2次3次受入れ病院が少なく、救急搬送受け入れ要請があるとほぼすべて受け入れており野戦化しています。しかし札幌の医療圏には多数の2次または3次対応ができる病院があり、また人口が多いため救急要請患者のdispositionまで考慮した救急搬送受入れをされており、判断の難しさを感じました。


佐藤先生.jpg


佐藤に.jpg

ドクターヘリの搭乗実習もありました


特に印象的であったのは、完全2交代制でシフトが組まれており、夜勤者は平日であっても日中は休めるというところが、ワークライフバランスを考える上でもとても参考になりました。休日もあるため、救急医療に燃え尽きることなく、いつまでも長く続けられる印象です。自分自身、今回の研修で北海道へ来ることは3度目であり、憧れの地でもあったことから、休日を利用して、旭川市や小樽市など観光に行き、温泉に入ったり、北海道の新鮮な魚介類やジンギスカンを頂きました。また季節がら札幌雪まつりやアイスホッケーの試合を観たり、プロ野球のオープン戦に行ったりと余暇を楽しむことがでました。普段はなかなか確保できない勉強する時間もあり、空いた時間はスターバックスに通い勉強も進みました。

 P2162092.JPG


4月からは元の病院である島根県立中央病院で勤務する予定です。美味しい食べ物がたくさんある北海道の方に対してあまり島根のアピールポイントは少ないですが、宍道湖という淡水湖で取れるシジミと錦織圭(島根県松江市出身)で話題となったノドグロがおいしいです。また、何と言っても島根といえば(鳥取ではないですよ!!)出雲大社が有名で、良い出会いを求める方にはおすすめのスポットです。個人的なおすすめは館の中に日本庭園があり春夏秋冬楽しめる足立美術館です。


3か月と短期間での研修ではありましたが、的確なご指導を頂き、当たり前と考えていたことが場所によっては異なることがわかりましたし、自分で考える力が付いたように思います。災害医療も含めて様々な現場に対応を必要とされる救急医療にこれからも挑んでいくためによい研修になりました。先生方、看護師の方々には暖かく対応をしていただきましてありがとうございました。



石田より

佐藤先生、お疲れ様でした。4月からは島根に戻り、島根県立中央病院で救急科スタッフとして働かれるとのこと。これからの先生のご活躍を期待しております。

学会で会う機会もあるでしょう。再開を楽しみにしています。

 佐藤3.jpg










posted by 渓仁会救急科 at 13:13 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする