救急科ブログ
手稲渓仁会病院 救急科(救命救急センター)

救命救急センターHomeブログ

2016年11月15日

北海道救急医学会学術集会

石田です。

40回北海道救急医学会学術集会が帯広で開催されました。今回、僕は留守番役だったので、参加した研修医の山口先生・4年目の越前に記事をお願いしました。


研修医2年目の山口と申します。

「激しい頭痛を主訴とした急性心筋梗塞」の症例を経験したため、10月に帯広で開催された救急学会にて発表して参りました。当該症例は中年男性で、激しい頭痛を主訴に救急要請されたものですが、画像検査で頭蓋内病変は無く、心電図にてSTEMIを認め、緊急CAG/PCIとなったものです。文献検索をしてみると報告も稀であり、この度発表して参りました。発表に当たって岡本医師、大西医師に熱い指導を頂き、大変お世話になりました。この場を借りて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。


医学生の皆様へ

当院の救急科研修は非常に魅力的です。スタッフの先生が多く、非常に教育的であり、指導体制が整っています。また軽症から重症まで非常に幅広い症例を十分に経験できます。雰囲気も良く、勤務体制も整備されており非常に働きやすい職場だと感じます。手稲渓仁会(特に救急科)で鍛えられた頭と体を武器に、これからの医師人生を邁進して参りたいと思います。



こんにちは、越前です。

今回は先月帯広で開催されました北海道救急医学会地方会の報告です。


前日のヘリOJTを終えた後(悪天候のため出動は0件でしたが…)帯広へ。

上半期に立て続けに北海道を襲った台風の影響で、JRはトマム-帯広間は代行バスでの往来となっております。北海道はその前日より低気圧が吹き荒れ、道内は10月にして初雪という地域が多くありました。

幸い道中は路面凍結などもなく、21時頃帯広到着。


先に到着していた救急科大西先生、杉浦先生、若本看護師、2年目研修医山口先生と壮行会へ。3人いるメガネの真ん中が私です。酔ってますね。

 飲み会.tif


帯広といえば酪農のイメージですが、海産物も大変美味しい!

言うまでもなくジャガイモや肉、きのこなど山の幸も大変美味しゅうございました。


私はその後札幌医大救急医学講座の先生方と合流し、壮行会はしごへ。

次の日に向けて英気を養いました。


さて地方会当日。

 建物.jpg


石田先生から厳命されていたにも関わらず、緊張のためかテンパっており地方会の様子を写真に撮り忘れるという不始末。すみません!

私が発表した演題は「心原性ショックを呈したCO中毒の一例」についてでした。 CO中毒では意識障害などの症状のほか心筋障害もきたしうることは知られていますが、ショックになるほどの血圧低下をきたした報告はほとんどありません。さらに、この症例では酸素投与により速やかに心機能が改善しており心筋障害が可逆性であった点もポイントでした。


私を含め、皆無事発表を終えることができました!

その日の夜には札幌に帰ってきました。

指導して頂いた先生方、学会中病院を守ってくれていた先生方

ありがとうございました!



救命救急センター長の奈良です。発表した3人の先生(山口先生、越前先生、杉浦先生)は十分準備して良い発表だったと思います。発表と座長で参加の大西先生もお疲れ様でした。

私は今年4月の熊本地震に関連したパネルディスカッションで「熊本地震における北海道DMATの活動−避難所アセスメント」という発表をさせていただきました。地方会は我々が盛り上げていかなければならないので、来年以降もできるだけ多くの先生方の参加をお願いしたいと思います。

posted by 渓仁会救急科 at 16:17 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする