救急科ブログ
手稲渓仁会病院 救急科(救命救急センター)

救命救急センターHomeブログ

2015年10月29日

脳外救急カンファレンス

石田です。


脳神経外科主催の勉強会が催されました。

テーマは「脳梗塞に対する血管内カテーテル治療について」です。

近年デバイスが改良され、カテーテル治療による再開通率が非常に良くなったとのこと。TPA単独よりTPA+カテーテル治療の成績が上回るという発表が相次いでいるらしいのです。


看護師や技師の参加人数も多く、大盛況の勉強会でした

解剖の基本的なところから始めていただき、非常にわかりやすかったです。


今よりも患者さんの神経学的予後を向上させるためには、搬送されてから治療開始までのスピードアップが必要とのことで、救急科や診療技術部にも協力要請がありました。


救急医療は救急科だけで完結出来ない病態も多く、他科との連携が非常に大切です。今回のような勉強会は、お互いの共通認識を高める上でも有意義であったと思います。搬送された患者さんにより良い医療を提供できるように、スタッフ一同これからも取り組んでいきたいと思います。


posted by 渓仁会救急科 at 22:07 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

これが手稲駅だ!

初めまして。石田です。


ブログを少しずつ更新していきたいと思います。第一回は病院がある、手稲駅の簡単な紹介をします。


手稲渓仁会病院は札幌市手稲区にあり、JR函館本線の手稲駅すぐ近くです。

手稲駅は、札幌駅から6駅・快速では2駅であり、立っていても苦痛にならない間に着きます。




手稲駅北口から、ドクターヘリを見ることができます。その向こうのブラウンの建物が手稲渓仁会病院です。




居酒屋はちらほらあります。写真は夜の手稲駅南口です。


   



手稲駅はそれほど大きな駅ではありませんが、高校生・大学生の利用者も多く、JR北海道では札幌駅に次ぐ利用者を誇るそうです。冬の雪対策も万全で、駅から大型スーパーや区役所が空中回廊で繋がれています。


救急科スタッフにも電車通勤は多いです。大雪で止まることはほとんどありません。

雪道の自動車運転に自信がない方でも大丈夫です。


















posted by 渓仁会救急科 at 20:46 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする